バイオアナライザは、アジレントが半導体技術を応用し、ガラスチップ上に試料の注入、染色、分離、検出等の分析工程を組み込んだ全く新しい分析装置です。従来のゲル電気泳動で必要とされる、ゲル板の作成、泳動、染色、データの取り込み、解析に掛かる時間と労力を劇的に軽減し、少量の試料で再現性の高いデータを提供します。しかも、エチジウムブロマイドの様な危険な染色剤に接触する危険が減ります。また、ゲルや染色剤の廃棄や装置のメンテナンスの手間も殆ど無くなります。

分析営業部トップページ