• 頑健で信頼性があり、十分な実績のあるバルブ&ループ方式によるサンプリング技術を採用。
  • 全てのサンプル流路は不活性化処理(SilcoNert™2000)を施しており、サンプルの配管への吸着や反応によるキャリーオーバーや腐食、サンプルの劣化、損失を防ぐことができます。
  • キーパッドから、パラメータを簡単に設定でき、メソッドは9つまで本体に保存可能。
  • オプションソフトウェアではメソッドの作成・保存・実行を、簡便にパソコン上で行うことができ、メソッド保存数に制限がありません。
  • 主要アプリケーション:環境、食品、化学、製薬、石油化学
HSS 8650Plus

製品の特長

HSS8650Plus 特長まとめ

DANI社30年以上の実績から生まれた名器。

HSS8650Plus 概要

サンプルトレイ オーブン バルブ キーパッド

囲われている部分に触れると
各特長を拡大表示します。

1.サンプルトレイ

2.オーブン

3.ループ

4.バルブ

5.キーパッド

サンプルトレイ
10mLもしくは20mLのサンプルバイアルを44本設置可能。
オーブン
最大6本までバイアルをオーバーラップ可能。
ループ
SilcoNert™不活性処理された1mLループもしくはオプションの3mLループ。
バルブ
実績のあるバルブ&ループ方式で高い精度と良好な再現性を実現。
キーパッド
容易な操作。メソッドは9個まで本体に保存可能。

HSS8650Plus ソフトウェア

専用ソフトウェアによる制御が可能になりました(オプション)

主な機能

  • メソッドやシーケンスの作成
  • 分析の実行がソフトウェア上で行えます。
  • 保存できるメソッド数に制限なし 
  • シーケンス分析中にサンプル追加可能。

技術情報

VOC分析結果 クロマトグラム(VOC 0.1ppb)


分析条件

装置 各HSS/Agilent7890GC/5975MSD
カラム VF-624( 30m×0.25mm×1.4μm ) コンスタントフロー1.0mL/min
注入口 220℃ パルスドスプリット 20:1 (30psi、1min)
オーブン 40℃(1min )→ 22℃/min → 120℃( 0min ) → 42℃/min → 240℃ (1min )
HSS 3mLループ 20mLバイアル オーブン60℃ ループ80℃ トランスファーライン120℃
平衡化15分 バイアル加圧(上記) 注入時間1分

VOC分析結果 主な化合物の検量線と再現性

再現性 VOC 0.1ppb 1,4-ジオキサン5ppb (n=5)

    エリア平均値 RSD%
1 1,1-ジクロロエチレン 5558 4.0
2 四塩化炭素 6223 1.9
3 ブロモホルム 1748 3.6
4 1,4-ジオキサン 1525 3.4

主な仕様

サンプルトレイ 44バイアル
20mlバイアルもしくは10mlバイアルが使用可能
メソッド 本体内に9つまで保存可能。ソフトウェアの場合は無制限
オーブン 温度設定 40℃(室温設定+15℃以上)から200℃まで1℃単位で設定可能
精度 ±0.5℃
安定性 ±0.5℃
6ポジション、バイアル撹拌SOFT、FAST可能
マニフォールド 温度設定 50℃(室温設定+15℃以上)から200℃まで1℃単位で設定可能
精度 ±0.5℃
安定性 ±0.5℃
ループ 1mlが標準 オプションで2mlもしくは3ml SilicoNert™2000
トランスファーライン 温度設定 50℃(室温設定+15℃以上)から220℃まで1℃単位で設定可能
精度 ±1℃
安定性 ±1℃
電源 220-240V,60Hz,600w / 200-230V,50Hz,600w
または 100〜120V,60Hz,600w /100-115V,50Hz,600w
サイズ W420mm×H474mm×D617mm
重量 最大40kg

関連製品

ダウンロード

リーフレット

HSS8650リーフレット

テクニカルインフォメーション

現在ダウンロードできるテクニカルインフォメーションは下記となります。このドキュメントを閲覧するためには、無料会員登録が必要になります。(新規会員登録はこちらから / 会員登録がお済みの方はこちらから)

資料No. アプリケーション内容
TI-1001-01 8650アプリケーションノート NO.1 VOC_ジオキサン同時分析
TI-1001-02 8650アプリケーションノート NO.2 清酒中の香気成の分析

関連ドキュメント(無料会員)

このドキュメントを閲覧するためには、無料会員登録が必要になります。(新規会員登録はこちらから / 会員登録がお済みの方はこちらから)

  • 試料導入技術を用いたGCMS分析による最新技術の紹介
  • 各種ヘッドスペース、濃縮導入装置と硫黄化合物の選択型検出器による高感度分析を紹介
  • 腐食性、吸着性ガスの超高精度希釈とバリア放電検出器による前処理不要の分析手法の紹介

このページの資料をご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。

分析営業部トップページ