PEOPLE 先輩社員の声

「町のお医者さん」のような存在に

営業:分析営業部

西川 周佑

  • プロフィールと入社動機
    大学の工学部を卒業し、研究を主としている会社に技術職で就職しました。就職活動中は何をやりたいというのが決まっておらず、大学で学んだことが生かせるような仕事という単純な考えで就職をしました。しかし、白衣を着て黙々と研究をする中で、研究だけが自分のやりたいことではないと感じていました。そして、営業に訪れていた様々な会社の営業の方と接触する中で、ものを売るという営業の魅力に取り付かれていました。自分がしたい営業を具現化できる会社は、前職で接触があり、いいイメージを持っていた金陵電機しかないと思い、採用試験を受けました。
    仕事内容
    現在は京都と滋賀を担当エリアとして分析機器の営業をしています。平均して一日4社ほど回ります。1社につき部署を数ヶ所訪問するので多い日は一日で20人くらいの方と会うときもあります。最初は一部署の方しか知りませんでしたが、他部署で同様の製品を使っているという話を聞けば紹介していただき人と繋がりを広げていくようにしています。その中で、顔を広く知ってもらい、お客さんのハートを掴むことを大切にしております。既存のお客様から輪を広げることだけでなく、新規開拓も積極的に行っています。新規はゼロからのスタートなので、やって失敗してもゼロ、やらなくてもゼロ。マイナスになることってありませんよね。だったらやらないと勿体無いと思うんです。自分でイチから取引を始められるので、自分の好きなように出来るところもメリットだと思っています。
    仕事のやりがい
    新しいことにチャレンジできることが大きいですね。営業としての責任感もありますが、自由に動かせてもらっていますので思うように営業活動ができています。もちろん、上司と連携をとっていますけどね(笑)。あちこちに種まきを行い、1年かけてそれを実らせる。もちろんうまくいくことばかりではないですけど、思ったとおりの結果に繋がるととても充実感があります。最近では、課のアクションプラン(個人目標の設定)の作成などのマネジメントの仕事もやらせていただいています。課の皆が全体的にどう動けば結果が出るかを考えて計画をたてたりします。どんな結果につながるのか楽しみですね、こちらもとてもやりがいを感じています。

SCHEDULE 1日のスケジュール例

Picture

出社後、メールチェック、営業活動に持っていくものの最終確認

メールの確認や1日のスケジュールを確認します。訪問する際に持っていく物は1つ1つしっかり確認します。

08:30
Movie

営業活動に出発

今日も一日頑張ります。

09:00
Picture

1件目訪問

09:30
Movie

2件目訪問

11:00
Picture

昼休憩

社外にいる時間も長いので、お昼は上司や仲間たちとコミュニケーションを図るための貴重な時間。

12:00
Movie

3件目訪問

13:30
Movie

4件目訪問

15:00
Movie

帰社 お客様からいただいた宿題

お客様からのお客様からいただいた宿題を持ち帰り、既存の製品で対応できるか、お客様の希望される予算内で収まるかなどを、多角的に検討する。

17:00
Location

帰宅

今日の仕事も終わりです。

18:00
  • 今後の目標、目指す姿
    部署で年間売上40億円、個人で年間売上4億円を目指しています。そのためには、お客様から信頼されなければなりません。私は入社してエンジニアも経験していますので、機械の仕組みやトラブル時の解決などにも対応できるのも強みだと思っています。この強みを活かして、機械を売る営業だけでなく、何か分からないことやトラブルがあれば金陵電機の西川さんに聞けばいいというような「町のお医者さん」のような営業マンになりたいです。
    失敗談
    入社直後に研修で訪れたシンガポールのホテルが取れていなかったことですね。仕入先のメーカーが主催した研修でしたので、ホテルが用意されていると思いこんでいましたが予約されてなかったんです。3週間の研修だったのですが、英語もろくに喋れないなか、現地で自力でホテルを調達する羽目になりました。事前確認の大切さを身にしみて感じました。それ以来、コミュニケーションはしっかりとろうと思うようになり、いい教訓になりました。
    入社当初(1年目、2年目)にしていたこと
    入社して1年間は機器の勉強も兼ねてエンジニアとして活動していました。故障した機械の修理でお客様に訪問する以外にも、納品する機器の据付や、操作説明、納品前のお客様に対して事前練習の指導などをやっていました。研究現場はこの仕事をしていないと見ることは出来ません。日本の最先端研究に携われている喜びを入社当初から感じることが出来ました。その後は営業となり、担当顧客を持たせてもらいましたが、エンジニアとして毎日機械を触っていた経験が営業活動に役立っているので、良い経験をすることが出来たと思います。
  • 職場の雰囲気
    とても活気がありますね。取り組んでいることに対して結果が出て業績好調というのもあり、課員のモチベーションも高いです。それ以外にも、営業マンはフリーアドレスを導入していて毎日の気分で座る席を決めています。まわりに座る営業マンが毎日変わるので、部署内でのディスカッションやコミュニケーションもしっかり取れています。
    ストレス発散方法、休日の過ごし方
    お酒を飲むのが好きな方が職場に多いので、みんなでストレス発散をしに飲みに行くことが多いです。プライベートでは妻とライブに行ったりしています。普段は一児の父親として娘と公園で遊んだり家族サービスもしています。仕事と休みのメリハリがきちっとできますし、休日もしっかりもらえるので公私共に充実しています。
    学生へのメッセージ
    私自身、就職活動をまじめにやっていなかったんで学生の皆さんはすごいと思います。学生にときに将来何をやりたいなんて簡単に決めれるものではないですが、自分の中で会社選びの核を持って就職活動をしてください。そして、入社を決めた会社では何でもやってやるという気持ちを持って社会人としての第一歩を踏み出してください。その会社が金陵電機なら、何も心配することないし、知識もなくて大丈夫です。入社してから学べばいいんです。自分が頑張った分だけ、結果がついてくる会社です。なので、是非、金陵電機に入社いただき、一緒に成長して行きましょう。
一覧に戻る