当社の強み(提案力、設計・開発力、サービス力)

テレコンとは

スイッチなどの制御信号(電気信号)を電波に変換し、離れた場所に制御信号(電気信号)を伝えるものです。
「テレコン」の語源は、1963年にクレーン用無線操縦装置を、ホビー用の「ラジコン(ラジオコントロール)」、家庭一般用の「リモコン(リモートコントローラー)」と区別するため、アンリツが「tele-control」(tele-:遠くの物を、control:制御する)を略して「テレコン」と名付けました。
当社の製品では、スイッチなどの制御信号(電気信号)を電波にして送る「制御器」と、受信した電波を制御信号(電気信号)に変換する「受信装置」から構成されます。
無線なので、ケーブルレスになり、電気配線が困難な場所や、場所を移動しながらの操作が必要な環境からの制御に適しております。

 

テレコン動作原理

弊社のテレコンは、操作信号をそのまま送っているだけではありません。無線を用いることで起こる危険性を考慮し、さまざまな情報を同時に送り、受信側で検出処理をすることで正確に操作信号を伝送しているのです。

◇基本動作操作信号は、制御器から発せられる電波に乗って受信装置へ送られます。
制御器は電源をONにしてからOFFにするまで、常に電波を送信し続けています。
スイッチを操作した時だけ電波を送信しているわけではありません。

◇操作信号とゼロ信号操作信号はONの状態である場合のみ信号を送信するのではありません。
1つの操作に対して、OFFである状態も操作信号として送信しております。
弊社ではこの信号をゼロ信号と呼んでいます。
(例)「上」と「下」の動作に対して、どちらの操作もされていない時に、「上下」のゼロ信号を送信します。

◇伝送フォーマットは先頭データ、伝送データ、誤り検出データで構成されています。伝送フォーマット1回分の処理時間は約0.05秒で、1秒間に換算すると約20回の処理を行っています。このように処理時間をかけないことで、操作してからクレーンが動作するまでの時間差を最小限に抑えています。

先頭データ:伝送フォーマットを繰り返し送るため、連続する伝送フォーマットを区切るためについています。
伝送データ:操作信号とチャネルやアドレスの情報信号をまとめたデータが入っています。
誤り検出データ:誤りを検出できる方式でデータを送り、受信装置内で検出処理を行っています。

◇アドレス照合アドレスとは、テレコンに割り当てられた識別番号のことです。制御器と受信装置の 周波数とアドレスを 同一にする事により動作可能です。そのため、周波数が同じでもアドレスが一致しなければ、動作しません。

 

停止方式

弊社のテレコンは停止方式を二重に搭載しており、停止スイッチ押下後、最短で約0.05秒後に停止信号受信により停止となり、電波の通達状態が悪くても、0.8秒後には電波断による停止です。
①停止信号を送信して受信時に即時停止
②電波断による停止
【例】分速60mで動作する設備の場合、停止スイッチ押下後、電波の通達状態が悪い環境であっても、約1m以内には動作が停止します。

 

IP65

IPとは、機器内部への固体や水の浸入に対する保護の程度を示す規定です。後ろにつづく1つ目の数字が固体に対する保護のレベルを差し、2つ目の数字が水の浸入に対する保護のレベルを差しています。数字が大きいほど、保護の程度も上がります。
IP65 ⇒ 6:粉塵などが内部に侵入しない。
IP655:いかなる方向から3分間、水の直接噴流によっても有害な影響を受けない。

 

インターロック

インターロックとは一定の条件を満たさなければ動作しない回路構成のことです。弊社のインターロックには「主電源投入インターロック」と「正逆インターロック」の2パターンがあります。

  1. ①主電源投入インターロックは制御器の電源を入れるときに、全ての動作信号がOFFでなければ始動しない。
     【例】制御器の電源を入れる時に押し釦は押されていないか。
  2. ②正逆インターロックは相反する動作信号を同時に操作しても、出力がされない。
     【例】「上」「下」が 同時に押されてないか。
 

ダイバーシチ受信

ダイバーシチは、2本のアンテナを用いて、先に受信したアンテナからの信号を出力し、そのアンテナで通達不良が起きるともう一方のアンテナに切り替えて信号出力を継続します。

 

傾斜検出

クレーンの運転中に運転者が、足場が悪く転倒してしまった場合に、制御器内部の傾斜検出器が作動し、クレーンへの出力を停止させる機能です。弊社テレコンは全機種に傾斜検出機能を搭載できます。

 

一般社団法人日本クレーン協会

2016年8月号の日本クレーン協会 機関誌 「クレーン」に新しい記事を掲載しました

記事の内容は、PDF で覧いただけます。
無線操作装置の操作性・安全性向上技術の変遷と今後~1200MHz 帯テレコン装置~


弊社の安全のすすめは、一般社団法人日本クレーン協会のホームページにも掲載しております

「無線操作式クレーンの安全運転について(2011年8月)」
http://www.cranenet.or.jp//susume/susume11_08.html

「クレーン用無線操縦装置の安全機能に関して(2007年11月)」
http://www.cranenet.or.jp//susume/susume07_11.html

「無線操作式クレーンの安全運転心得(2004年4月)」
http://www.cranenet.or.jp/susume/susume04_04.html

お問い合せはこちらから

安全な無線で快適作業をお約束します。まずは、ご気軽にお問い合わせください。
お電話・FAXでのお問い合せ

お客様の所在地に合わせて、お近くの弊社の担当営業所まで、ご気軽にお問い合わせください。

都道府県別担当エリアはこちら
ご購入に関するお問い合せ

商品のご購入先や、購入方法、または、お見積りなどのご購入に関する問い合わせはこちらからお願いします。

ご購入に関するお問い合せはこちら
商品に関するお問い合せ

ご購入前の疑問点として、商品の設置方法や、機能、仕様。また、ご購入後の疑問点として、操作方法、修理対応。などの疑問点やご要望などは、こちらからお問い合わせください。

商品に関するお問い合せ

無線システム提案、特殊用途のお問い合せ

周辺機器も含めたシステム設計のご提案や、
無線化できるかなどの特殊用途に関するご依頼はこちらからお問い合せください。

無線システム提案、特殊用途のお問い合せ