クレーンの無線化、ソリューション事例

無線システム 個別対応事例 特殊用途提案

テレコンは、クレーンなどの設備を遠隔に無線制御できますが、そのことを応用して、お客さまの環境に応じて対象設備を操作するだけでなく周辺機器や、設備と連携をとりあうことや、 複数のテレコンを用いて、さまざまな問題を解決することが可能です。
当社は、それらの無線を含めたシステムを設計するためのSEを有し、お客様の作業環境を聞き取りし、柔軟に対応が取れる体制を有しています。

 

事例①共吊りテレコン装置

標準的なテレコン装置のシステムは、制御器(リモコン)1台に対して動作させる機体や装置に取り付けた受信装置1台のセットで使用しますが、標準的なシステムの他に特殊な運転をさせることが可能です。
例えば制御器1台で機体や装置2台を同調させて運転したり、制御器から動作させたい機体や装置を切り替えてそれぞれを運転したりできます。

共吊り方式
概要

車輌、鋼管、レールなどの長尺物を、2台のクレーンで運搬する(共吊り運転)ためのテレコン装置です。
2台のクレーンを無線で「同期運転」させているため、安全に動作させることができます。

メリット
(1)2台のクレーンを1人の作業者で運転できます。
(2)動きを直視しながら作業するため能率が向上します。

事例②2カ所制御方式による船舶の貨物の揚卸しシステム

別々の離れた場所にある制御器(リモコン)2台で、機体や装置1台に対して操作権を譲り合って運転することも可能です。

2カ所制御方式
概要

船内と陸上の2カ所から遠隔無線操作で船内→陸上へ陸上→船内へ荷を運搬します。
「占有保持・解除方式」を使用することにより、運転中の制御器の電源切れや、電波断が発生したとしても、受取る手続きがされていない状態では操作権が相手に移らないため、安全に動作させることができます。

メリット
(1)従来の運転のように作業連絡(運転合図)の煩わしさがありません。
(2)制御の引継ぎでクレーンを停止させる時間が短くなり、サイクルタイムの低減がはかれます。

事例③受信装置選択方式によるクレーン使い分けシステム

制御器(リモコン)から運転したい機体を選択して操業することが可能です。

受信装置選択方式
概要

1人の作業者が、制御器に取り付けた切替スイッチを操作して、複数台の同一操作内容のクレーンや運搬台車などを切り替えて操業することができます。

メリット
(1)制御器を1つにまとめられ、複数台をご購入いただく必要がありません。
(2)各クレーンごとに作業者が要る必要がなく、省力化が図られます。

事例④制御器操作部品のカスタマイズ

お客様がご指定した部品を採用して、取り付けられる場合があります。

カスタム制御器
概要

弊社製の標準部品で操作感覚や操作方法に違和感がある場合、お客様がご指定した部品を取り付けるカスタマイズができる場合があります。

メリット
(1)お客様のご要望される操作感覚や操作方法に近い製品になる可能性があります。
(2)お客様でしか入手できない部品を取り付けられる可能性があります。
注意事項
(1)ご指定いただいた部品の不具合に関して保証できない場合があります。
(2)ご指定いただいた部品に起因する製品の不具合は保証できない場合があります。

事例⑤テレコン装置の複合使用による操作システム

弊社製品を組み合わせて使用することで、操作・運転装置の単純化を図り、 作業をしやすくすることで、安全性の向上が期待できます。

複合使用

○図中番号補足
①:クレーン用制御器 ②:クレーン用受信アンテナ ③クレーン用受信装置
④:吊具用送信機 ⑤吊具用受信アンテナ&受信装置

概要

天井クレーンは既に無線(テレコン)化されていたが、吊具の操作はペンダント式の操作器であった。 吊具用ペンダントの操作内容をテレコン装置に取り込むことで、複数の操作器を扱う必要がないので作業がし易くなりました。また、受信装置リレー盤で、クレーン運転と吊具操作に対するインターロック回路を組み、安全性の向上も図ることができました。

メリット
(1)操作機器を複数台持つ必要がなく、1つに集約されるので運転・操作内容が明確です。
(2)受信装置リレー盤でインターロック回路などの安全対策を追加できます。

事例⑥ディーゼル機関車用自動速度制御装置

弊社製ディーゼル機関車用テレコン装置からの指令に応じて燃料噴射装置やブレーキ用エアシリンダの電磁弁装置を制御して機関車の速度調整を行う装置です。

ATO(Automatic Train Operation)
概要

弊社製ディーゼル機関車用テレコン装置と組み合わせて、決められた速度の力行指令すると指令速度を維持するように燃料噴射装置へ信号を出力したり、ブレーキを指令すると速度や減速度に応じたブレーキ用エアシリンダの電磁弁装置へ信号を出力したりする制御を行います。また、車輪のスリップ(空転)やスキッド(滑走)を検出して適切な運転制御を行います。 弊社ではこの自動速度制御装置を広義の意味でATO(Automatic Train Operation)装置と呼んでいます。

お問い合せはこちらから

安全な無線で快適作業をお約束します。まずは、ご気軽にお問い合わせください。
お電話・FAXでのお問い合せ

お客様の所在地に合わせて、お近くの弊社の担当営業所まで、ご気軽にお問い合わせください。

都道府県別担当エリアはこちら
ご購入に関するお問い合せ

商品のご購入先や、購入方法、または、お見積りなどのご購入に関する問い合わせはこちらからお願いします。

ご購入に関するお問い合せはこちら
商品に関するお問い合せ

ご購入前の疑問点として、商品の設置方法や、機能、仕様。また、ご購入後の疑問点として、操作方法、修理対応。などの疑問点やご要望などは、こちらからお問い合わせください。

商品に関するお問い合せ

無線システム提案、特殊用途のお問い合せ

周辺機器も含めたシステム設計のご提案や、
無線化できるかなどの特殊用途に関するご依頼はこちらからお問い合せください。

無線システム提案、特殊用途のお問い合せ