追加機能、仕様変更案内

スプリアス発射の強度の許容値改正に伴うテレコン対応方法

世界無線通信会議(WRC)において、無線通信規則(RR)のスプリアス発射(必要周波数帯の外側に発射される不要な電波)の強度の許容値が改正されました。これを受けて、総務省は、平成17年12月1日に無線設備規則(昭和25年電波監理委員会規則第18号)を改正しました。

総務省ホームページから引用)

この改正により、旧規則(平成19年11月30日以前に製造)に基づいて製造されたテレコンは、技術基準適合証明の効力は失効いたしますので、平成34年11月30日以降は使用できなくなります。

 

1.改正内容

従来の無線設備規則では、近くの不要波については、隣接チャネル漏えい電力とスプリアス発射で規定されていました。改正後は、「①帯域外領域」と「②スプリアス領域」が設定され、強度の許容値が規定されました。

スプリアス発射領域について

 

2.技術基準適合証明の効力 

弊社テレコンは平成19年11月30日以降に製造した機種は全て対応済みですが、それ以前に製造されたテレコンは技術基準適合証明の効力が失効します。

技術基準適合証明の効力が失効する対象機種については、平成34年11月30日までに新規格に合格している制御器または、送信ユニットに交換することをお奨めしております。

技術基準適合証明の効力

 

3.対象機種リスト(詳細は別紙参照

対象機種リスト
品 名 周波数 制御器形名 対象

82デジタルテレコン

429MHz帯

KC301A PB型 KC302A UVH型

全該当

82ディーゼルテレコン

429MHz帯

KC506A

全該当

ウエストテレコン(CP車)

429MHz帯

KC303A/B

全該当

タイニーテレコン

429MHz帯

KC309A/B

全該当

ハンディ14

429MHz帯

KC315A

全該当

ハンディR

429MHz帯、1.2GHz帯

KC341□A 10操作

KC341□B 14操作

全該当

ハイパーテレコン

※一部該当

429MHz帯、1.2GHz帯

KC311□B PB型 KC312□B UVH型

平成19年7月以前

ハンディ10 

※一部該当

429MHz帯

KC3332A 1段押し

KC3332B 2段押し

平成19年11月以前

ハンディRⅡ

※一部該当

429MHz帯、1.2GHz帯

KC344□A□ 10操作

KC344□B□ 14操作

平成19年10月以前

 ※対象機種リストに記載されていない機種については担当営業にお問い合わせください。

 スプリアス発射の強度の許容値改正に伴うテレコン対応方法に関するご案内文

お問い合せはこちらから

安全な無線で快適作業をお約束します。まずは、ご気軽にお問い合わせください。
お電話・FAXでのお問い合せ

お客様の所在地に合わせて、お近くの弊社の担当営業所まで、ご気軽にお問い合わせください。

都道府県別担当エリアはこちら
ご購入に関するお問い合せ

商品のご購入先や、購入方法、または、お見積りなどのご購入に関する問い合わせはこちらからお願いします。

ご購入に関するお問い合せはこちら
商品に関するお問い合せ

ご購入前の疑問点として、商品の設置方法や、機能、仕様。また、ご購入後の疑問点として、操作方法、修理対応。などの疑問点やご要望などは、こちらからお問い合わせください。

商品に関するお問い合せ

無線システム提案、特殊用途のお問い合せ

周辺機器も含めたシステム設計のご提案や、
無線化できるかなどの特殊用途に関するご依頼はこちらからお問い合せください。

無線システム提案、特殊用途のお問い合せ