事例集 (無線システム、電波調査、個別対応事例、特殊用途提案)


共吊りテレコン装置 (工場の無線システム事例、ソリューション提案)

標準的なテレコン装置のシステムは、制御器(リモコン)1台に対して動作させる機体や装置に取り付けた受信装置1台のセットで使用しますが、標準的なシステムの他に特殊な運転をさせることが可能です。
例えば制御器1台で機体や装置2台を同調させて運転したり、制御器から動作させたい機体や装置を切り替えてそれぞれを運転できます。

共吊り方式

クレーン2台を使った共吊りにおける、連動トラブルの対策と導入事例

当社への問い合わせ内容

クレーン2台を使って共吊りしているが、共吊り操作時に片方のクレーンだけが動かずに、吊り荷が落下するトラブルがあったため、 無線システムを用いて安全に2台のクレーンを操作できないか。

設備の問題点

調査の結果、以下の2点の問題点が判明しました。

  1. ①共吊りクレーンでは、片方のクレーンのみが通信・回路不具合を起こした場合、共吊りとしてとして動作をしなくなる事象が起こり得るため、対策が必須です。 しかし、当該設備には片方のクレーンが動作しない場合に、もう片方のクレーンを停止させる機能が備わっていませんでした。
  2. ②当該制御器は1ボタンで共吊りモードから単独動作モードに切り替わる仕様で、周囲には同様の形状の操作ボタンが配置されていました。 そのため、何らかのタイミングでこのボタンに誤接触し、単独動作モードに切り替わった可能性があります。

提案と実施内容

①当社の固定型テレコンを用いて、2台のクレーンの同期システムを構築しました。 これにより、共吊り操作時には両クレーンに異常が無いこと、同一の指示を受けていることを互いに確認してから動作するようになります。 一方にのみ指示があった場合はエラーとみなし動作しません。もちろん共吊りを解除し、単独で操作することも可能です。 ②連動と単動の切り替えが明確にわかるようにロータリースイッチに切り返し誤操作を防止しました。 当社のテレコンでは様々な押釦の誤操作対策を実装することが可能です。 共吊りなどの機能切替は、複数のボタンを同時に操作しなければ効かないようにしたり、 周囲のボタンとは異なるロータリースイッチにすることで誤操作を防止することが可能です。

共吊りテレコン システム概要

車輌、鋼管、レールなどの長尺物を、2台のクレーンで運搬する(共吊り運転、相吊り運転)ためのテレコンシステムです。
 制御器1台と、受信装置2台、でクレーンを操作し、更に、据え付け型の双方向無線機で同期用を取っています。 2台のクレーンを無線で「同期運転」させているため、安全に動作させることができます。

メリット
(1)2台のクレーンを1人の作業者で運転できます。
(2)動きを直視しながら作業するため能率が向上します。

関連記事

事例集 (無線システム、電波調査、個別対応事例、特殊用途提案)

新着情報

  • スプリアス発射の強度の許容値改正に伴うテレコン対応方法

  • テレコン製品の修理・メンテナンスのお問い合せ
  • テレコン製品の購入商品の機器登録
  • よくあるご質問
  • 金陵電機(株)テレコン事業部の採用情報
  • 無線システム提案やテレコンご導入に関してのご相談から設置までの流れ

お問い合せはこちらから

安全な無線で快適作業をお約束します。まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話・FAXでのお問い合せ

お客様の所在地に合わせて、お近くの弊社の担当営業所まで、ご気軽にお問い合わせください。

都道府県別担当エリアはこちら
ご購入方法、商品仕様に関するお問い合わせ

ご購入の検討や、商品の設置方法や、機能、仕様 など商品検討に関する問い合わせはこちらからお願いします。

ご購入方法、商品仕様に関するお問い合わせ
ご使用方法、修理に関するお問い合わせ

ご購入後の疑問点として、操作方法や、修理対応などの疑問点やご要望は、 こちらからお問い合わせください。

ご使用方法、修理に関するお問い合わせ

無線システム提案、特殊用途のお問い合せ

周辺機器も含めたシステム設計のご提案や、
無線化できるかなどの特殊用途に関するご依頼はこちらからお問い合せください。

無線システム提案、特殊用途のお問い合せ